余りモノ



「ちょっと相談があるので来てもらえませんか?」

少し話しを聞いてみると、玄関の鍵の事みたいだが、
電話で聞くだけでは内容が把握できない。

鍵だと不安な気持ちになるのも分かるので、
すぐに伺う事にした。




最近は玄関にツーロックと言われる、二つの鍵を
取付されたお宅も珍しくはない。

が、このお宅はトリプルロック状態。

1.jpg

よほど防犯意識が高いという事なのか?




以前、空き巣に入られた家に行った事があるが、
実際の現場を見たら、同じ人間の仕業だと思うと、
背筋がぞっとするような気持ちになった事がある。

その他の空き巣のお宅でも、すぐさま全ての鍵の
取替を依頼された事もある。

それだけに心配になる気持ちは理解できる。




「つかぬ事をお尋ねしますが、空き巣に入られた
経験をお持ちですか?」

すると、被害には遭っていないが、敷地内に
不審な足跡を見掛ける事があるとの事。

ならば早目の対応で安心してもらいたい。




市販の防犯グッズで、サムターン回し防止具という
商品が存在するが、鍵の取付位置が端に寄っており、
この商品を取付するのは無理がある。

塩ビ管で鍵を覆えば、防犯対策にはなるが、
肝心のサムターン操作に支障が出る。




要は、袖壁と扉の隙間がなく(小さく)なれば、
不安な気持ちは払拭される。

ご自分で、ホームセンターで購入された
隙間テープを貼られたみたいだが納得いかず、
こちらに相談されたという事だった。

2.jpg

3.jpg




細いアルミの角棒のようなものを取付すれば、
当面の目的は果たす事が出来そうだが、
建具に傾きがあって、上下の隙間に差異がある。

同じ寸法の角棒では、片方では隙間が塞げず、
もう一方では、干渉の恐れがある。

ゴム板のようなものなら、隙間も塞げて、
干渉問題もクリアできるが、防犯性に疑問が残る。




一度帰って検討させてもらう事にし、現場を離れた。

ホームセンターに行くか、会社の倉庫に行くか。

何かありそうな予感がして、倉庫に戻った。

無人の倉庫を、あっちこっち行き来する。




すると使えそうなものが見つかった。

キッチンパネルという建材同士を繋ぐもの。

ジョイナーと呼ばれる目地材だ。

隙間の寸法にもちょうど良さそうだ。

そして樹脂製。

多少の寸法の差にも対応してくれそうだ。




色が白だったので、シルバーのアルミアングルも
一緒に持っていく事にした。

色と強度、どちらの要望が強いかで、
両方に対応できる素材。

加工しやすい樹脂製のジョイナーの方が、
取付自体は楽だが、好みもあるので選択は
施主さんに任せた方が良さそうだ。




再び現場に戻って、両方の素材を実際の隙間に
あてがってみて、反応をうかがう。

「こっちの白い方がいいね」

心の中でガッツポーズ。




早速採寸し、加工に入る。

樹脂製なので、切込みも実に楽。

隙間にもうまくフィットしてくれた。

4.jpg

違和感もなく、まるで純正品。

5.jpg




扉を閉めて隙間の確認。

6.jpg

ちょうどいい感じ。

擦れの大きなところは、部分的に削って対応した。




たったこれだけの事だが、施主さんは大喜び。

喜ばれるのは、やはり嬉しい。

使い道としては用途外だが、倉庫で眠っているより
この素材も喜んでくれていると思う。

指名してもらった施主さんの玄関で、
第二の人生を歩んでもらいたい。





今日の気付き

余りモノに与えられた、居場所









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント