言葉



自分の中での勝手なルールがある。

良い報告はゆっくりでもいいし、
口頭でなくてもいい。

反対に悪い報告は素早く、できるだけ口頭で。

そんな勝手なルールを、今回は破ってしまった。




大切な取引先の方からの依頼。

「いつでもいいから、急ぎませんよ」

これが油断を生んだ。




仕事には必ず期限がある。

相手が急がないと言われても、自分で期限を設ける。

そうでないと失敗してしまう。




いつかやらなくては。

忘れずにやらなくては。

記憶に留めておいて仕事をやるのには限界がある。

明確にしておかなかった自分の責任。




それに気が付いた時、半年以上も経過していた。

自分が悪いとはいえ、相当気が滅入る。

どうしよう…




本来ならば出向いて行って、直接お詫びする。

これが一番正しいのは明白だった。

だが、これだけ時間が経過していると、

「どの面下げて来んさったん?」

そんな場面が頭に浮かんだ。




そうなるとマイナス思考回路が働きだして、
行動する勇気が急速に奪われてしまう。

またもや自分のダメなところが出てきた。

でも放っておく訳にはいかない。

気が付いてしまってから、それを忘れる事は難しい。

人は忘れる動物と言われるが、なかなかややこしい。




これ以上時間が経過していくのは避けたい。

だが直接お詫びする勇気もない。

禁断の掟破り。

メールでのお詫び。




自分でも情けないと思いつつ、思い付く限りの
お詫びの言葉を打ち込んだ。

そして勇気を振り絞り、ワンクリック送信。

形を取り繕った安心感と、直接対話から逃げ出した
後悔が半々というのが正直な気持ちだった。




後悔する位なら行けばいい。

少々の事なら迷いなく行ける。

そうでないから行けなくなる。

それが出来ない自分の弱さを再認識した。




その日、帰社してからメールを確認すると…

先方からの返信が入っていた。

そこに書かれていた文面。

『お詫びは必要ないですよ。あなたとわたしの仲だから』

チョー嬉しい言葉だった!

こんなにも言葉で、気持ちが変わるとは…




マイナス思考回路の時には、自分でもうんざりする程
マイナスのスパイラルから抜け出せない。

ところが潮目が変わってくると、アホかと思う位に
有頂天回路が働き出す。

嬉しさと感謝の気持ちを、再びメールで送信する。




すると今度は、

『そんなに喜んでいただけたら、こちらもHAPPY!

新型コロナが終息したら、是非お願いします』

思わずガッツポーズ!

ありがたや、ありがたや♪




今回の事は自分の怠慢が原因だ。

それを許してもらえたのは本当に幸運だと思う。

有頂天な気持ちは一度リセットする必要がある。




せっかく与えてもらったチャンス。

今度こそ、約束通りの仕事をやり遂げたい。





今日の反省

忙しいは言い訳










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント