yoshikenのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 認可

<<   作成日時 : 2018/02/27 20:17   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


ある施設の改修工事を請け負った。

もう昨年の事だ。

結構タイトな工期での請負であったため、
現場はかなり詰めた仕事となった。

しかしながら、無事に何とか年の瀬を迎える事ができた。




年明けからは、第二工区が始まった。

当初の約束から、更に工期短縮依頼があり、通常の現場にも増して、
現場は煮詰まっていた。

そうこうしているうちに、現場とは別の厄介な問題が発生した。

通常なら考えられないような問題に直面した。

法律も絡んでくる事もあり、自分の力だけでは解決は困難になった。




こんな時のために、日頃の人間関係を形成しておく必要がある。

心当たりのある、頼るべき人、お二人に相談。

それぞれが共にその道の専門家。

共に、時間的にどう考えても無理だと即答された。




自分でもそれがどれほど時間がない事かは心得ていた。

クリアすべきハードルが高過ぎて、着地点が見えてこない。

先方に見通しがつかない旨の説明をするも、何とかしてほしいとの
姿勢は、一向に引かれる気配はない。




無理だと感じながらも、まずは現場の方の導火線に着火した。

仕事のリスクも考えたうえでの判断。

やるしかないか…




次に専門家を口説きにかかる。

こちらも十分無理な事を押し通そうとしているので、
逆に慎重な対応をされる羽目になる。

逆の立場ならそうするだろうと心では理解するが、ここで引いては
そこから先には進めない。

相手の立場を考えて、最悪な場合でも、責任を負わない条件を付け、
何とか着手する回答を得た。




ここからは、対応が早かった。

予想を大幅に上回るスピードで、仕事のコマを前に進めてもらった。




ここからは、第二の関門。

次なる専門家に、これまでの経緯を伝えてこの作戦に加わってもらう。

ある程度までは、すんなりと進んだコマが一向に進まなくなる。

手詰まりの状態。




「ここまでが限界です、これから先は無理です」

白旗が上がった。

ここまで来て、諦める訳にはいかない。

これまでの苦労が水の泡になる。




建築で難しいのは、単にひとりで仕事をしていない事だ。

携わる人数が多ければ多いほど、その全員の協力が必要になる。

たったひとりの転倒でも、全員共倒れになり得る事もある。

これまでにクリアしてきた人達のためにも、何とかこの状況を打破したい。




ここは施主さんにも一枚噛んでもらう事にした。

するとどうでしょう。

いつもなら考えられない予想外の展開。

いつもこうなら苦労はないわ、不満も出てくるが、
この問題がクリアすればそれで済む話。




状況の好転を第二の専門家に報告。

光が見えてくると、人は何とかしようと最後の力を振り絞る。

あの手この手と知恵を出してもらい、外堀を固めていく。

ゴールが少しずつ見えてきた。




あと少しのところまで来たが、最後の攻防。

最優先で物事を進める。

その結果、諦めていたものが手に入った!





当初の予定からすると、とても無理だと思われた壁。

最後まで諦めずに進んでこれたのは、自分にとって頼まれた案件。

頼まれた人の顔を潰す訳にはいかない。

その思いがようやく実を結んだ。




たくさんの人達の協力のお蔭で、今日の結果がある。

本当に感謝、感謝!




最終報告を手渡しに、施主さんの元を訪ねた。

自分:「正直なところ、無理だと思っていました」

施主さん:「私は最初から何とかなると思っていましたよ」







今日の気付き


肝の据わった人は  違う…























月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
認可 yoshikenのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる