yoshikenのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ホーム

<<   作成日時 : 2018/02/12 18:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0



家  ハウスorホーム?

そういえば家を建てる大手のメーカーも、○○ハウス系や
○○ホーム系の二種類が混在している。

ハウスとホームの違いは何だ?

ネットで検索するとすぐに答えは出てくるので、
ここではその答えは出さないでおこう。




建築の仕事は、ほとんどが現場に出向いて仕事をする。

工場や店舗、事務所や施設で働く人達は、いつも『ホーム』で
仕事をしているが、我々はいつも『アウェイ』




それがどうしたという訳ではないが、アウェイよりホームの方が、
いろいろとやり易い事もある。

プロ野球の場合もビジターゲームよりホームゲームの方が、
たくさんの応援が選手の背中を後押ししてくれる、はずだ。




この町内で、あるお宅の建て替え工事を
させていただく事が決まった。

現在の家主さんからみればお孫さんが、そこへ住まれる事になった。

施主さんはそのお孫さんという訳だ。




私もこの町(ホーム)で生まれ、大きくなってきたので、
昔から住んでいる人達とは顔馴染みだ。

ホームエリアを近隣挨拶で廻るというケースは珍しい。

アウェイでの近隣挨拶の時には、会社名を名乗っただけで訪問販売と
思われて玄関を開けてもらえない場合もあるので、
会社名より用件を先に切り出すが、ここはホーム。

会社名を先に名乗っても、不審がられる事なく扉を開けてもらえる。
(ちょっとした事だが素直に嬉しい)




施主さんは現在、他の町で暮らしておられるので、この町の人達とは
まだ関係ができていない。

一緒に同行して、各お宅の紹介をしていく。

建て替え地の目の前に、事務所を構えておられるコワモテの男性。
(一緒にお酒も飲んだ事もある、実はとても優しい人)

開口一番、

「この建設会社の社長がいけんけぇ、工事は迷惑じゃ!」

ありがたいリアクション。
(一気に施主さんの緊張がほぐれます、さすがです)




他のお宅でも、とても好意的に工事の知らせを受け入れていただき、
施主自身さんが、これまでの経緯と今後について丁寧に説明される。

ここに住まわれていた老夫婦。

ご主人は既にお亡くなりになって、奥さんがひとりで暮らして
おられたが、現在は施設に入られている。

その事を伝えると、皆一様に奥さんが元気だった頃の
朗らかな笑い声を思い出され、その事をお孫さんへ。

私自身もその事は、今でもよく憶えている。

そんな笑い声も今では聞く事がなくなり、寂しい気持ちだ。




こんな事を考えていた矢先、隣の奥さんが亡くなられた。

やはり昔から知っている町内の方だ。

飼い犬を抱いている姿、町内の催しの世話をされる姿。

どれも鮮明に憶えている。




ホームの顔見知りの人に何かあると、本当に悲しいものだが、
嬉しい事があった場合は、逆に普通以上に嬉しいもの。

ひとつでもふたつでも、悲しい事より嬉しい事が上回る事を願いたい。





今日の気付き


時の経過…


















月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ホーム yoshikenのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる