yoshikenのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 氷点下

<<   作成日時 : 2018/01/28 06:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


全国的に、寒さが厳しかったこの一週間。

広島も例外ではなく、寒い日が続いた。




その中でも特に寒かった日、地鎮祭があった。

前々から決まっている日程なので、変更するという事はない。

事前の予報では最低気温は氷点下、最高気温もプラス2℃という
冷蔵庫のチルド室で地鎮祭を行うようなもの。

事前の地均しも、真砂がいつもより硬い。

祭壇の水平を保つのに、少しばかりの苦労があった。




神事が始まる前まではコートを着ていたが、始まりに合わせ
コートを脱いだ。

寒さで体が自然に震えてくる。

今を生きている、そう実感する。




神事の進行中、ご縁の事を思い返していた。。

この施主さんとは、ご自宅のリフォームをきっかけにお付き合いが
始まった。

この建物も最初はプレハブの計画だったが、
後に弊社で、という事になった。

その時に、

「同じ建てるんなら、お宅にお願いしたい」

と言われた嬉しさは、今でも鮮明に覚えている。

祝詞を聞いていると、この現場を誠実な仕事で応えようと
いう気持ちのスイッチが入った。




神事の始まる前、施主さんが、

「慣れとらんけぇ、勝手が分からん」

と言われていた。

こちらは仕事で経験があるので、お宮さんで若干の違いはあるものの、
大まかな流れは理解できている。




こうした経験に、慣れ(緩み)が生じてくると、それが仕事ぶりに
表れてくる気がするので、あらためて気を引き締める。

自分達の日常は、相手にとっては非日常な、特別な事だってある。

それをしっかりと肝に銘じておかなくてはならない。




無事に神事を終え、記念撮影。

カメラ越しに見る、施主さん達の笑顔を見ていると、
この仕事に携われる幸せを、感じずにいられない。




まだ始まったばかりの現場だが、最後まで満足してもらえるような
仕事をしていきたい。







【別の日】

数十年来のお客さんから、受水槽の調子が変なので、
対応してほしい、そんなSOSが入っていた。

朝から困難な案件に対応していたため、携帯電話をマナーモードに
していたため、たくさんの着信履歴が残っている。

その中のひとつが、この案件だった。

私が折り返しの連絡を入れないため、事務所にも催促が入っていた。




ようやく一息つくことができたので、電話を入れてみたところ、
どうやら受水槽に水が溜まらないというトラブルだった。

このままでは、水が出なくなるかもしれない。

漏水も困ったトラブルだが、水が出ないのも問題だ。




相手から詳細な情報を聞き出して、職人さんを遠隔操作するのは、
少しハードルが高いと判断し断念。

私は機械設備に詳しくはないが、状況判断してメーカー等に
出張依頼をかける事はなんとかできそうだ。

夕方までには現場に行く事を伝えて、これからの予定を変更。




一時間以上も移動し、そのお宅に近付いてきた。

電話の際には気が付かなかったが、こちらはかなり雪が残っている。

しかも日暮れが近いので、モタモタしているとすぐに暗くなる。




現場に到着し、まずは警報装置の表示を確認。

受水槽の渇水ランプが灯っている。

これが間違いないかを確かめる。
(誤報であってほしい)




画像


受水槽下の地面は、寒さでツルツルに凍っている。




受水槽のハッチを開けてみると、確かに水が少なくなっている。

しかも氷が張っている。

画像





注意深く見てみると、給水管の保温が劣化している。

画像


給水管の止水栓も、凍っていて?動かない。

画像





原始的だが、給水管や止水栓にお湯を掛けてみる事にした。

大きなやかんで、数杯かけた後、止水栓がようやく動きだした。

かき氷のようなシュルシュルという音が聞こえた後、
受水槽の中から、期待していた音が聞こえてきた!!

画像





何とか難を脱し、水の出ない生活は免れた。

このままでは、再び凍結の恐れがあるので、
あるもので取り急ぎ、応急処置。

画像


画像


日暮れまでに間に合い、ひと安心。




水の怖さ、有難さ、両方を実感した出来事だった。





今日の気持ち

外は寒くても、心はアツク













月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
氷点下 yoshikenのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる